〜たねや泉水農園2020年秋の直売所〜
姉崎だいこんの撥ね出し品!無人直売所スタートしています。
のぼり旗を目印にお買い求めくださいませ!
  

2016年12月17日

気のせいじゃなかった件

こんばんは
たねやの嫁です

昨日、美容院に行った際にファッション誌を見て気になったことがあり・・・
いや、ずいぶん前から気になっていたし、モヤモヤしてたのですが、さすがに「それへの違和感」が間違いないと感じたので・・・
つい調べてしまいました。

で、納得。
やっぱり・・・・。編集長が変わっている。
それも、新しい編集長のイメージと前編集長のイメージも、想像通り。

ファッション誌はあまり好きじゃないのですが、Oggiだけは別でした。
なぜか、心地いい。
構図も、構成も、ページ全体から感じる色の発色も・・・・。

だから、唯一、お金を出して買う事がある雑誌だったのですが・・・。
いつからか?ん?ん?って思う事が増えた。
少しずつ、違和感が増してきて、今回の12月号は、決定的で「他の雑誌と同じ不快感」を感じるようになってしまった。

そもそも私は、Oggi世代でもないので図々しい感想ですが、つい欲しくなる、真似したくなるコーデが多かった。
それは、きっと「素敵への憧れ」だったんだと思うのです。
時々、大手町の乗り換えの際に見かけた、丸の内に勤める品の良い女性のファッションといった。
無理しすぎていない独特の品格のようなもの。

それが、少しずつ「雑に混ざって、どこにでもある」に変化してしまった。

あくまでも、私個人の感覚で、古さなのかもしれない。だから、ちゃんとした現oggiが求めているものに変化したんでしょうが。
とにかく残念です。

検索したら、現編集長は、守屋美穂さんという方らしい。

そして、きっと私が好きだったOggiを編集していたと思われる方は、加藤睦美さんではないかと・・・。
まさに、加藤さんの雰囲気は、私があこがれていた、丸の内のOLの方に似ている。

歳をとると、嗜好も変わってきてはいますが・・・。
便利な時代なので、その理由も背景も調べて納得できるようになって、ますます寝る時間は減ってしまいます。気を付けなくっちゃ!

ラベル:大根の里 Oggi
posted by たねや at 21:40| 千葉 ☀| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする